Archive for the ‘未分類’ Category

勾留延長でも頼れる弁護士!福岡市西区の覚せい剤事件で逮捕なら

2017-06-28

勾留延長でも頼れる弁護士!福岡市西区の覚せい剤事件で逮捕なら

Aさんは、覚せい剤を使用した状態で、福岡市西区の繁華街をうろついていた際に、警ら中の福岡県西警察署の警察官から職務質問を受けましたが、きちんと対応できませんでした。
そのまま任意の取調べを受け、覚せい剤の陽性反応が出たことから、Aさんは覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんは逮捕・勾留された後、さらに勾留延長されることになってしまいました。
それを聞いたAさんの家族は、弁護士に相談しようと、法律事務所に問い合わせました。
(フィクションです)

~法律相談のタイミング~

弁護士に相談するタイミングとは、いつが適切なのでしょうか。
一概に「いつがいい」と言い切ることは難しいかもしれません。
しかし、弁護士に相談をするのであれば、できるだけ早いに越したことはありません。

例えば、今回の事例のAさんの場合、勾留延長がされてしまっています。
勾留延長は10日間の勾留の後、さらに勾留する必要がある場合に10日間を限度としてなされるものです。
勾留延長も合わせると、逮捕から最大で23日間もの長期にわたって身柄拘束されることになってしまうのです。
これは被疑者にとって非常に大きな不利益です。
会社や学校も休まなければなりませんし、精神的・肉体的負担もかかります。

しかし、早期に弁護士に相談すれば、そのような事態を避けるための活動を行うことができます。
逮捕後、すぐに弁護士に依頼をすれば、勾留を阻止できる可能性がありますし、勾留延長に対しても活動が可能です。
早期に弁護士に相談していれば、それだけ様々な弁護活動を開始することができるのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、薬物事件を含む刑事事件専門の法律事務所です。
覚せい剤などに関わる薬物事件では、逮捕勾留といった身体拘束がされやすい傾向にあります。
薬物事件に巻き込まれた方は、すぐに弊所の無料相談予約窓口までご連絡ください(0120-631-881)。
すでに逮捕されている場合には、初回接見サービスもご案内させていただきます。
福岡県西警察署への初回接見費用についても、お電話にてご案内致しますので、まずはお電話ください。

合成麻薬事件で逮捕なら弁護士へ!東京都江戸川区の薬物事件も即対応

2017-06-27

合成麻薬事件で逮捕なら弁護士へ!東京都江戸川区の薬物事件も即対応

Aさんは、東京都江戸川区の路地裏で、いわゆる売人から合成麻薬を購入し、使用していました。
パトロールを行っていた警視庁小岩警察署の警察官が、Aさんの挙動がおかしいことに気づき、Aさんを任意同行して取調べを行った結果、Aさんが合成麻薬を所持・使用していることが発覚しました。
Aさんはそのまま、麻薬取締法違反の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんの家族は、なかなか帰ってこないAさんを心配していましたが、突然警視庁小岩警察署からAさん逮捕の知らせを聞いて驚き、どうしたらよいか分からずに困っています。
(※この事例はフィクションです。)

・合成麻薬とは?

合成麻薬とは、その名前の通り、化学物質から合成された麻薬のことをさします。
合成麻薬として具体的に挙げられるのは、MDMALSDといったものです。
これら合成麻薬は、幻覚や妄想といった症状のほか、中毒症状による後遺症などの危険性もあると言われています。
また、不純物が混ざるなどした結果、中毒によって死んでしまう場合もあるそうです。

合成麻薬は、麻薬取締法によって規制が行われています。
合成麻薬の所持や使用などが禁止されており、違反すればもちろん、刑罰を受けることになります。
合成麻薬のような薬物事件では、逮捕・勾留といった身体拘束が行われる場合も多く、さらに勾留に際して接見禁止処分といった厳しい処分がつけられることもままあります。
上記事例のAさんのように、任意同行で取調べを受けてそのまま逮捕されるというケースもあり、そのような時、ご家族は詳しい事情も分からずに、逮捕された被疑者本人と連絡がつかない状態となってしまいます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、逮捕されてしまった被疑者本人に、弁護士が直接会いに行く、初回接見サービスを行っています。
弊所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士ですから、被疑者本人にも、そのご家族にも、丁寧に事件の流れや見通しを説明させていただけます。
ご家族が合成麻薬などの薬物事件で逮捕されてしまったら、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
警視庁小岩警察署までの初回接見費用については、お電話にてご案内しています(0120-631-881)。

【初犯でも弁護士へ】東京都八王子市のコカイン使用事件で逮捕されたら

2017-06-26

【初犯でも弁護士へ】東京都八王子市のコカイン使用事件で逮捕されたら

東京都八王子市在住のAさんは、友人のBさんからコカインの吸引をすすめられ、いけないことだと分かっていながらも、コカインを使用してしまいました。
後日、Bさんが警視庁高尾警察署逮捕されたことから、Aさんのコカイン吸引も警察に発覚、Aさんは麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で警視庁高尾警察署に逮捕されてしまいました。
しかし、Aさんは初犯であるために、執行猶予付き判決だろうと高をくくっているようです。
(フィクションです)

~初犯でも弁護士へ~

コカインなどに関連した薬物事件の場合、いわゆる「量刑相場」の話を聞く方も多いでしょう。
量刑相場とは、字の如く、刑事裁判における量刑の相場のことです。
薬物事件初犯なら、執行猶予〇年くらいだ」という記載がネットや一部の報道でもなされているようです。
確かに、量刑相場というものが存在していないと言い切ることはできないでしょう。
しかし、だからといって弁護士に相談しないでよいのでしょうか。

コカインに関連した薬物事件を含む刑事事件は、似たような事件であってもまったく同一ではありません。
いくら量刑相場があったとしても、自分の関わった事件がその相場通りになるとは限らないのです。
初犯であったとしても、実刑判決になる可能性も十分にあります。
一方で、適切な弁護活動によって不起訴処分を勝ち取れる可能性もありますし、起訴後には保釈という身柄解放活動もあります。
このように、初犯であり、量刑相場があったとしても、弁護士はとても重要な存在になるのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所です。
弊所の弁護士は、保釈や不起訴処分の獲得、執行猶予付き判決やできる限りの減刑などを目指し、様々な弁護活動をさせていただきます。
コカインなどの薬物事件では、再犯防止のための対策も重要です。
弊所は24時間365日無料相談の予約を受け付けておりますから、たとえ初犯であったとしても、薬物事件に巻き込まれた場合にはすぐに、0120-631-881までお問い合わせください。
警視庁高尾警察署までの初回接見についても、費用も含めて上記フリーダイヤルでお答えいたします。

覚せい剤からの更生・社会復帰に弁護士~福岡県嘉麻市の薬物事件で逮捕なら

2017-06-25

覚せい剤からの更生・社会復帰に弁護士~福岡県嘉麻市の薬物事件で逮捕なら

Aさんは、福岡県嘉麻市の路上を歩いている際、福岡県嘉麻警察署の警察官から職務質問を受け、それに付随して所持品検査も受けました。
その結果、バッグの中から覚せい剤が見つかったため、Aさんは覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。
今回の逮捕を機に覚せい剤をやめたいと考えたAさんは、薬物事件を多数取り扱っている刑事専門の弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

~覚せい剤からの更生~

覚せい剤所持事件で初犯の場合は、執行猶予がつくことが多いです。
そのため、逮捕されて刑事裁判を受けても、その後刑務所に行かずに済む場合があります。
しかし、ご存知のように、覚せい剤には依存性があります。
覚せい剤から更生するための対策を立てずに元の生活に戻ってしまうと、また覚せい剤を使いたくなってしまって再犯をしてしまうかもしれません。
更生のためには、薬物の購入や譲り受けをしていた人間関係を変えたり、依存から脱却するための努力が必要です。

覚せい剤で再犯をしてしまえば、今度は執行猶予を獲得することが難しくなります。
刑務所に行くことになってしまうかもしれません。
しかし、刑務所に行っても、覚せい剤からの更生の専門的なサポートを十分に受けられるわけではありません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所で、覚せい剤などに関わる薬物事件も多数取り扱っています。
弁護活動の際には、覚せい剤による薬物依存から更生するためのお手伝いも行うことがあります。
一人で覚せい剤から更生するのは大変なことです。
家族の手助けや、時には治療、更生のための施設や団体の手助けも必要です。
弁護士も、その中の一人として、覚せい剤からの更生を目指す被疑者・被告人の方をサポートいたします。
覚せい剤に関連した薬物事件でお困りの方は、弊所の弁護士までご相談ください。
福岡県嘉麻警察署までの初回接見費用については、お電話にてお問い合わせください。

所持品検査について弁護士に相談…兵庫県芦屋市のMDMA事件で逮捕なら

2017-06-24

所持品検査について弁護士に相談…兵庫県芦屋市のMDMA事件で逮捕なら

ある日、兵庫県芦屋警察署の警察官Kさんが兵庫県芦屋市内を巡回中、足取りのおかしいAさんを見かけたため、職務質問を開始し、所持品検査として持っているカバンの中身を見せる様に言いました。
しかし、Aさんがこれを頑なに拒んだため、怪しいと思ったKさんはカバンをAさんから無理やり奪い取り、中を探って確認しました。
これによって、Aさんが麻薬の一種であるMDMAを所持していたことが発覚し、Aさんは、麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんは、初回接見に来た刑事事件を専門にしている弁護士に対し、今回の所持品検査で違法捜査があったのではないかと相談しました。
(フィクションです。)

~所持品検査と違法捜査~

MDMAは合成麻薬の一種で、麻薬及び向精神薬取締法によって使用や所持が禁止されています。
これに違反してMDMAを所持した場合には、7年以下の懲役に処されます(営利目的の場合はさらに重くなります)。
Aさんは、現に法律に違反した、MDMAの所持という行為をしてしまっているため、適切な刑の下で処罰されなければなりません。

しかし、犯罪者を罰する為ならば、何をしてもいいと言うことはありません。
所持品検査を行うことは、確かに認められていますが、一定の限度を超える場合には捜索差押許可状などの令状が必要になります。
上記の例のように、カバンを無理やり奪い取り、中を探るような行為は、令状が必要な範囲の捜査と考えられますので、違法捜査であると認められる可能性があります。

適正な手続きの下で裁判を受けることは、被告人の方の権利ですし、違法な捜査を許容しては、将来における違法捜査を助長してしまう恐れがあります。
所持品検査や取調べにおいて感じた不安は、弁護士に相談してみましょう。
そして、もしも違法捜査である場合は、そのことをきちんと主張してもらいましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件を専門に取り扱う弁護士が在籍しています。
兵庫県での麻薬及び向精神薬取締法違反で違法捜査にお悩みの方はぜひ弊所までご相談下さい。
(兵庫県芦屋警察署への初回接見35,500円)

【東京都文京区の薬物事件対応】大麻で逮捕・起訴されたら弁護士に相談

2017-06-23

【東京都文京区の薬物事件対応】大麻で逮捕・起訴されたら弁護士に相談

東京都文京区に住む会社員のAさんは、帰宅途中、警視庁本富士警察署の警察官から職務質問を受けましたが、その際に大麻の所持が発覚し、現行犯逮捕されました。
その後、Aさんは大麻取締法違反起訴され、被疑者から被告人となりました。
(この話は、フィクションです。)

~被疑者と被告人~

ニュースや新聞で「被疑者」「被告人」というフレーズをよく耳にすると思います。
この2つは、どのような違いがあるのでしょうか。

被疑者とは、捜査機関によって犯罪の嫌疑をかけられ捜査の対象になっているが、起訴をされていない者を指します。
マスコミはよく「容疑者」というフレーズを使いますが、これが被疑者に該当します。

一方、被告人とは犯罪の嫌疑が十分であるとして起訴されてしまった者を指します。
簡単に言うと、裁判を受けることが決まった人が被告人に該当します。

このように、刑事事件では段階ごとに捜査対象者の呼び名が変わってきます。
被疑者段階から弁護士に相談・依頼をすることで、弁護士の活動の幅が広がり、執行猶予や減刑、不起訴処分の獲得を目指すことができます。
早期の相談・依頼により、大麻取締法違反を犯してしまったことへの反省を深めたり、再犯をしないように対策を講じたり、という被疑者・被告人にとって有利な事情を主張するための活動が多くできることになるのです。

薬物事件をはじめ、その他刑事事件について何かお困りのことがございましたら、お気軽に弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
刑事事件を専門に扱う弁護士が、大麻などの薬物事件に対する不安を解消できるよう、対応させていただきます。
初回無料法律相談のご予約や、警視庁本富士警察署までの初回接見費用のお問い合わせは、0120-631-881までお電話ください。

(麻薬事件で逮捕されたら)三重県いなべ市のマジックマッシュルームに強い弁護士へ

2017-06-22

(麻薬事件で逮捕されたら)三重県いなべ市のマジックマッシュルームに強い弁護士へ

Aさんは、麻薬原料植物であるマジックマッシュルームを、三重県いなべ市の自宅で栽培していたとして、麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で、三重県いなべ警察署逮捕されました。
Aさんの逮捕を聞いたAさんの両親は、事件の詳細を警察から知らされなかったため、Aさんから詳しい事情を聴いてもらおうと、刑事事件を専門とする弁護士に初回接見を依頼しました。
(フィクションです。)

~マジックマッシュルーム~

麻薬及び向精神薬取締法によれば、麻薬原料植物の栽培は、麻薬研究者が厚生労働大臣の許可を受けて、研究のために栽培する場合を除き、何人に対しても禁止されています。
麻薬原料植物をみだりに栽培した場合には1年以上10年以下の懲役に、営利目的の場合には1年以上の有期懲役、又は情状により1年以上の有期懲役及び500万円以下の罰金という法定刑がそれぞれ定められています。

Aさんの栽培していたマジックマッシュルームと呼ばれるきのこも、この麻薬原料植物として規制を受けていますので、Aさんにはこれらの犯罪が成立することとなります。
また、マジックマッシュルームには、幻覚作用のある麻薬成分が含まれており、乱用を続けると覚せい剤や大麻などほかの薬物に乱用へとつながってしまうおそれがあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士です。
マジックマッシュルームなど、麻薬に関連した薬物事件についての刑事弁護活動も多数承っております。
初回接見サービスでは、逮捕されてしまった被疑者のもとへ、弁護士が直接出向いてアドバイスを行います。
初回は無料の法律相談も行っておりますので、まずは弊所のフリーダイヤルまで、お問い合わせください(0120-631-881)。
三重県いなべ警察署までの初回接見費用:4万3,900円

【外国人事件にも対応可】福岡市早良区のヘロイン所持事件で逮捕なら弁護士へ

2017-06-21

【外国人事件にも対応可】福岡市早良区のヘロイン所持事件で逮捕なら弁護士へ

外国人であるAさんは、福岡市早良区にて、ヘロイン等の違法薬物を営利目的で所持していたとして、麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で、福岡県早良警察署逮捕されました。
実はAさんは、福岡市内で麻薬等を密売する組織の末端であり、Aさんの妻は、Aさんが何かいけないことをしているとは感付いていたが、まさか逮捕されるとは思っておらず、また、Aさんがあまり日本語が上手くないことを知っていたので、警察署で不当な扱いを受けていないか心配になりました。
そこで、Aさんの妻は、外国人事件も取り扱っている法律事務所の弁護士に、今回のヘロイン所持事件の相談をすることにしました。
(フィクションです。)

~ヘロイン~

ヘロインは、けしを原料とした薬物で、けしからあへんを採取し、あへんから抽出したモルヒネを精製して作られます。
また、強い精神的・身体的依存が特徴の薬物でもあり、医学的な使用も一切禁止されています。
このようにヘロインは「麻薬の王様」とも呼ばれ、麻薬及び向精神薬取締法において「ジアセチルモルヒネ等」の薬物として、本法の中でも重い刑罰が科せられています。
営利目的で輸出入・製造した場合には、無期または3年以上の懲役で、情状により1000万円以下の罰金が併科されます。
また、営利目的の所持の場合は、1年以上の懲役で、情状により500万円以下の罰金が併科されるといった法定刑が定められています。

~外国人事件~

上記事例のAさんのように、外国人の方が起こした刑事事件では、接見の際の通訳人の手配など、細やかな気配りが求められます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士であり、外国人についての刑事弁護活動も多数承っております。
慣れない土地で刑事事件を起こしてしまった方は、日本の刑事手続きに大きな不安を感じられていることでしょう。
ヘロイン所持事件などに関わる外国人事件でお困りの方は、まずは弊所の弁護士にご相談ください。
福岡県佐原警察署までの初回接見費用は、0120-631-881にて、ご案内いたしております。

薬物事件の治療について弁護士に相談…東京都台東区の覚せい剤所持事件で逮捕なら

2017-06-20

薬物事件の治療について弁護士に相談…東京都台東区の覚せい剤所持事件で逮捕なら

東京都台東区に住んでいるAさんは、覚せい剤を所持していたとして、覚せい剤取締法違反の疑いで、警視庁蔵前警察署現行犯逮捕されました。
警視庁蔵前警察署での取調べによれば、Aさんは、数年前にも違法な薬物を所持した罪で実刑判決を受けており、今回の逮捕は複数回目であることが分かりました。
Aさんの息子は、Aさんが深刻な薬物依存に陥っており、本人や家族たちだけではどうにもならないと考え、減刑を求めることに加え、治療のために何かしてあげられることはないかアドバイスを求めようと、薬物事件の弁護に詳しい法律事務所の弁護士に相談をすることにした。
(フィクションです。)

~薬物事件と治療~

覚せい剤取締法では、覚せい剤の所持や使用等が禁止され、それぞれ厳しい罰則が科されています。
たとえば、覚せい剤の単純所持の場合には10年以下の懲役との法定刑が定められています。

覚せい剤取締法違反の罪を犯し、その事実に争いがない場合には、弁護士を通じて、可能な限り寛大な処分が下されるように、効果的な情状弁護を行っていくことが想定されます。
具体的には、犯行を素直に認めて反省している旨の意思表示をした上で、薬物に対する依存性・常習性がないこと、再犯の危険性がないこと等の事情を説得的に主張していくことが、一つの方法として挙げられます。
特に、薬物犯罪は、自分の力だけで再犯を防ぐことは困難ですから、専門医の協力も借り、薬物依存からの回復のための施設などを利用することも重要となります。
減刑や執行猶予付き判決の獲得には、周りの協力を得られる環境づくりが充分にできていることを裁判で示す必要がありますので、薬物事件の弁護活動について経験豊富な弁護士にご依頼されることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士であり、薬物事件についての刑事弁護活動も多数承っております。
薬物事件の再犯や治療についてお悩みの方、減刑を求めたいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
初回無料法律相談のご予約や、警視庁蔵前警察署までの初回接見費用のお問い合わせは、0120-631-88124時間受け付けております。

薬物事件に強い弁護士対応!東京都多摩市の2-FPM指定薬物事件で逮捕なら

2017-06-19

薬物事件に強い弁護士対応!東京都多摩市の2-FPM指定薬物事件で逮捕なら

東京都多摩市在住のAさんは、好奇心から、インターンネットで「LOVE10FEELエロス」という、合法ドラッグであるという商品説明が掲載されていたドラッグを購入して使用しました。
一度購入すると、メールでキャンペーン情報などが届くようになり、何となく購入して使用していると、ドラッグなしでは生活できなくなってしまいました。
Aさんの両親は、Aさんの異変に気づき、自分たちではどうすることもできなかったので、警視庁多摩中央警察署へ相談することにしました。
Aさんが使っていたドラッグは、2-FPMというものであったようで、Aさんは、警視庁多摩中央警察署の警察官に医薬品医療機器等法違反の嫌疑で逮捕されました。
Aさんの両親は、警察へ通報・相談したものの、Aさんの今後についてどうしたらよいか悩み、薬物事件で評判の弁護士へ相談することにしました。
(フィクションです)

~2-FPM~

2-FPMは、指定薬物として、医薬品医療機器等法(正式名称「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」)によって,製造・輸入・販売・授与・所持・購入・譲り受け・使用が禁止されている、危険ドラッグの一種です。
2-FPMの所持等、これらの禁止行為を行うと、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金の刑罰が科せられます。

医薬品医療機器等法違反などの薬物事件逮捕されると、留置の必要があると判断され、勾留される可能性が高いです。
2-FPMなどに関連した薬物事件では、証拠隠滅などのおそれが高いとされているためです。
薬物事犯は、再犯率が高い犯罪ですので、逮捕・勾留からの身柄解放の弁護活動を行う際にも、再犯を防ぐ環境づくり等が重要となってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、医薬品医療機器等法違反をはじめ、多くの薬物事件を取扱う刑事事件専門の法律事務所です。
365日24時間、相談予約を受け付けており、初回のご相談は無料で承っております。
また、弁護士が警察署の留置施設などへ赴き、被疑者と接見(面会)をする、初回接見サービスも行っております。
医薬品医療機器等法違反の逮捕でお困りの方は、弊所の弁護士まで、ご相談ください。
初回無料法律相談のご予約や、警視庁多摩中央警察署までの初回接見費用については、0120-631-881まで、お問い合わせください。

« Older Entries